映画『ウィズネイルと僕』


INTRODUCTION

これは完璧な映画だ。僕が死ぬ前に最後に見たい。――ジョニー・デップ

1969年、ロンドンのカムデンタウンに住む二人の売れない役者、ウィズネイルと僕。酒とドラッグに溺れる貧乏な毎日に嫌気がさした僕は、ウィズネイルの叔父モンティが持っている田舎のコテージで素敵な休日を送ろうと目論むのだが…。
1987年製作の『ウィズネイルと僕』は、監督・脚本のブルース・ロビンソン(『キリング・フィールド』脚色、『ラム・ダイアリー』監督・脚本)の半自伝的な要素を多分に含み、登場するキャラクターは全て実在の人物をベースにするなど、彼自身が生きた60年代終わりのイギリスの雰囲気と青春時代の終焉を濃密に描いている。
"ウィズネイル"役には、本作がデビュー作となったリチャード・E・グラント(『ザ・プレイヤー』『ドラキュラ』)。"僕"役には、ポール・マッギャン(『エイリアン3』『フェアリーテイル』)。ウィズネイルの叔父モンティ役には、『ハリー・ポッター』シリーズなどの名優、故リチャード・グリフィスがユーモラスな演技を披露している。
プロデューサーには、元ザ・ビートルズのメンバーであるジョージ・ハリスン。彼が作詞・作曲したザ・ビートルズ「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を始め、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「ウォッチタワー(見張塔からずっと)」「ヴードゥー・チャイル」など、本編で使用されている楽曲が豪華なのも特徴。また、エンドロールには、Special Production Consultantとして、Richard Starkey M.B.E.(=リンゴ・スター)の名前も登場する。
イギリスやアメリカではカルトな的人気を誇るものの、日本では1991年に吉祥寺バウスシアターなどで限定的に上映されたのみで、ビデオやDVDも未発売となっていた本作が、製作から27年/日本初公開から23年の時を経て、遂にスクリーンに甦る!



5/3(土)~5/31(土)
吉祥寺バウスシアターにてクロージング上映!